土木技術者女性の会とは

団体名

一般社団法人 土木技術者女性の会
The Society of Women Civil Engineers

代表

会長 渡辺 弘子 (Hiroko I. Watanabe, P.E.Jp.)
会長ご挨拶

所在地

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3丁目1番9号矢沢ビル4階

会の生い立ち

1982(昭和57)年に「座談会・女性土木技術者おおいに語る」(土木学会誌 Vol. 67, No. 9)の席上で、孤軍奮闘している女性の土木技術者同士で情報交換できるような会を結成しようと出席者が意気投合しました。翌1983(昭和58)年1月に、座談会出席者を始めとする有志約 30 名が任意団体「土木技術者女性の会」を発足させました。

以降、他の団体等と連携を取りつつ、一貫して独立した団体として活動を継続しています。2013(平成25)年11月18日(土木の日)には法人格を取得し、「一般社団法人 土木技術者女性の会」となりました。
→ 一般社団法人化のお知らせ

会の目的

土木学会誌の座談会をきっかけにしていますが、女性土木技術者特有の問題をきめ細かく取り上げ対応していくために、独立した団体として活動しています。

女性技術者の質の向上と活動しやすい環境作りのために、次のような目的を掲げています。

  1. 土木界で働く女性技術者同士のはげましあい
  2. 土木界で働く女性技術者の知識向上
  3. 女性にとって魅力のある、働きやすい土木界の環境作り
  4. 女性土木技術者の社会的評価の向上
  5. 土木技術者を目指す女性へのアドバイス

倫理規程

当会では次のような倫理規程を定めています。

会員は、会の目的を実現する際にあたって、下記の倫理規程を遵守するものとする。

  • 会員は、会の目的に沿って、各々の良識のもとに、正しく品位ある行動をする
  • 会員は、所属組織を代表するものではなく個人の立場で会の活動に参加す
  • 会員は、会の活動において、業務上の利益に結びつけるいかなる行動も行わない

会の組織

organogram of SWCE
(一社)土木技術者女性の会 組織体系

会員状況

(2017年10月現在)
会員 369名(うち学生会員29名)
サポーター個人 167名
サポーター団体 12団体

member-by-industry
所属先の業種
member-by-age
年齢の構成
支部構成

組織概要

会員は全国の4支部に所属しています。総会により会全体をまとめ、運営委員会により会全体の活動方針などを企画・提案しています。

会の歩み・受賞等

シンボル・ロゴ等

会のロゴマークは、女性 (Women) を意味する “W” をモチーフに女性と社会の連携やコミュニケーションを象徴しています。

土木にやりがいと誇りを感じる、元気な女性たちの姿を5つの円(当会の5つの目標)で表現し、知の集積を表現しています。さらに、単純化された 5 つの円は未来への拡がり、発展への可能性を示し、当会のメッセージを発信します。オレンジとピンクの暖色系の色使いで、オレンジは力強さ、発展性、元気を象徴し、ピンクは品位と明るさを表現しています。

2012(平成24)年に創立30周年記念事業でシンボル・ロゴ募集を実施し、ロゴマークを制定しました。
→ シンボル・ロゴ選考結果

symbol and logo
シンボル・ロゴ

会のご案内

高品質印刷用のPDFもご用意しています。希望される方は以下までお問い合わせください。

  • infoswce[at]womencivilengineers.com
    ※メールアドレス入力の際は、[at]を@に置き換えてください。

[Last updated on 2018-04-16]